月の百科全書

月に関して多岐にわたる文献を参照、編集された百科辞典的書籍。

歴史、文学、芸術、宗教、その他のあらゆる分野に月の影響が及んでいる。

そんな月の世界に入り込みたいなら・・・

月世界大全―太古の神話から現代の宇宙科学まで

 

月にまつわる古今東西の情報を網羅した「月事典」は、400ページを超えるまさに「大全」

 

太古の神話、フォークロア、美術、考古学などから、最新の宇宙科学にいたるまで、月のロマンと月の科学を厖大な資料と図版であます所なく描き出した、月のエンサイクロペディア。

月を巡るロマンと科学のエッセンスを集成。

(「MARC」データベースより)

ルナティックス - 月を遊学する

 

〈産業の昼〉をつかさどる太陽知のかげで、月は〈未知の記憶〉を照らしてきた。

ルナティックス〈月的なるもの〉へと向かうもう一つの精神史、想像力の飛沫を縦横にたどる月の百科全書。

(「MARC」データベースより)

 

いかがわしいほどに高貴で、すましているのに何をしでかすかわからない―。

“月明派”を自認する著者が、文学から奇想科学、神話、宗教、現代思想、先端科学に至る古今東西の月知を集成した「月の百科全書」。

長年の月への憧れを結晶化させた美しい連続エッセイ。

(「BOOK」データベースより)

CURRENT MOON